リサイクルトナー トナー トナーカートリッジ 中古コピー機 中古プリンター 中古パソコン リサイクル・汎用インク 詰め替えインク コピー機・プリンター修理

リサイクルトナー トナー トナーカートリッジ 中古コピー機 中古プリンター 中古パソコン リサイクル・汎用インク 詰め替えインク コピー機・プリンター修理

HOME > レーザープリンタの仕組み

レーザープリンタの仕組み


プリントの善し悪しはプリンタの性能だけで決まるものではありません。
トナーやインクなどのサプライ品の品質で、印刷の善し悪しが決まってくる
…と言っても過言ではないのです。

オフィスで使われる機会の多いレーザープリンタですが、
プリンタの構造や印刷の仕組みまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?

モノクロレーザープリンタの基本構造と仕組み

モノクロレーザープリンタ

1ページ単位でプリントできることからページプリンタまたレーザー光線を利用することからレーザービームプリンタとも呼ばれる。
光伝導物質を塗布した感光体ドラムにレーザー光線で文字や画像の形を照射して潜像をつくり,トナーで現像して用紙に転写する方式。

帯電→露光→現像→転写→定着といった工程で1枚の印刷が行われます。

基本的にはコピー機と同じ仕組みであり,特長としては,高速印刷が可能で音も静かである。

ロータリー式 カラーレーザープリンター

(CANON LBP-2300・EPSON LP9200C/7000Cなど)

ロータリー式 カラーレーザープリンター

ロータリー方式は、CMYK4色が一体となった印刷ユニットを利用し、各色トナーユニットを回転させて印刷を行う仕組みとなっております。
ロータリー方式ではカラー印刷時には4回転の作業を行うためモノクロ単色印刷時と比べ非常に低速での印刷となります。
1回に1色、計4回の印刷工程を繰り返すので、カラー印刷はモノクロ印刷の約4倍の時間がかかる仕組みとなっております。

タンデム方式 カラーレーザープリンター

(CANON LBP-5700・EPSON LP9500Cなど)

タンデム方式 カラーレーザープリンタ

タンデム方式では、CMYK4色トナーを並列に並べ、各色トナー毎に感光体を設けているので、CMYK4色のトナーをほぼ同時に転写ベルト付着させることが可能になっています。
その為、4サイクル方式に比べて高速の印字が可能となっております。また、モノクロプリントでもカラーと同様のスピードで印刷することが出来ます。
ただ、色ズレや色むらが発生しやすいという課題もあります。

中間転写方式 カラーレーザープリンター

中間転写方式 カラーレーザープリンタ 中間転写方式 カラーレーザープリンタ

中間転写方式は、帯電、露光、現像に続く転写を中間転写ベルトに対して行いこの動作を4色すべてに対して行います。中間転写ベルト上のすべてのトナー現像が形成されたら中間転写ベルトから用紙に転写を行い、最後に定着します。
これはモノクロ印刷を4回同時に行うようなもので、印刷時間がかかるのが欠点です。

回収専用FAXシート
FAX注文シート

営業カレンダー

2016年12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お支払方法

郵便振替・銀行振込・コンビニ決済・代金引換・クレジットカードがご利用いただけます。 お支払い方法

お客様へお知らせ

  • リサイクルトナーは品質が大事です。当店では安心して最後までご使用いただけることが第一だと考えます。しかし、リユース品やリサイクル品という製品の特性上、予見できないカートリッジを構成する部品の摩耗による不具合が発生する場合がございます。当店販売のリサイクルトナー・リユーストナーカートリッジにつきましては1年間の保証がございますが、ごく希に修理または、代替品の即日発送ができない場合がございます。 お客様の業務遂行上のリスクを防ぐためにも、当店では予備品をお持ちいただくことを推奨しております。最適な部品交換率の元で 品質向上のため今後も一層努力致しますが、ご理解下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。